サラの鍵 | N’s Talk

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

N’s Talk

映画感想。100%劇場鑑賞です。
2006年 映画検定4級とりました。
<< 灼熱の魂 | main | TIME >>
サラの鍵
JUGEMテーマ:映画
シネ・リーブル梅田での鑑賞です。PM6:45開映の部です。窓口の人にこの映画のいり具合を聞きましたら 朝・昼・夕方と立ち見が出ているほどよく入っているとのことです。6:45は最終の部でしたのでゆっくりといい席で観ることができました。1942年フランス警察によるユダヤ人の迫害事件。この事件を題材にパリのとある雑誌社の女性ジャーナリスト ジュリア(クリスティン・スコット=トーマス)が動き出す。偶然にも引越しを考えているパリ市内のアパートが戦時下夫の祖父母が入手したものでありそこにかつて迫害されたユダヤ人家族が住んでいたことを知る。ジュリアはアメリカ人故にフランス人の夫、義父、祖父母、娘との距離を微妙に調整しながらこの事件を調べ上げてゆく。そこに待ち受けていた驚愕・戦慄の事実とは。いや〜観るべき1本にまた出会えました。

| - | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:14 | - | - |









http://nagamuraj.jugem.jp/trackback/329