明日へのチケット | N’s Talk

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

N’s Talk

映画感想。100%劇場鑑賞です。
2006年 映画検定4級とりました。
<< 父親たちの星条旗 | main | プラダを着た悪魔 >>
明日へのチケット
オーストリアのインスブルックからローマまでの列車のなかで繰り広げられる人間模様を描いた作品です。3人の監督がそれぞれ1話ずつ担当し3つの話で構成されています。それぞれに含蓄のある話になっており全体的になにか大きく一本筋が通っているというものではありません。1,2,3話ときっちりと連携され繋がっているようにも思えるしまたそれぞれにちがっているというように考えることも出来ます。3話目ケン・ローチ監督の話と1話目の秘書役ヴァレリア・ブルーニ=テデスキのなんともいえない上品さが印象深かったです。物語の舞台が列車でそれを時系列的に展開させているところが粋ですね。
やっぱしヨーロッパの映画ですね。
| - | 09:28 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 09:28 | - | - |









http://nagamuraj.jugem.jp/trackback/101
真・映画日記(1)『明日へのチケット』
10月28日(土) 久々の映画館はしごめぐり! 金曜からボルテージが上がってましたが・・・ 朝9時起き。 少し遅かったかな。 ちゃっちゃと身支度し、 9時半前に家を出る。 TSUTAYAの返却BOXに『SUPER8』を返却。 10時50分に渋谷到着。 ハチ公口を出て、
| CHEAP THRILL | 2006/11/16 9:53 AM |